スポーツジムの低価格競争

スポーツジムの低価格競争

皆さんこんにちは。うしお回復整体の永井です!

最近の健康ブームの影響か各地にスポーツジムが出来るようになりましたね。

それ自体は良いのですが、市場が飽和状態になってくると始まるのがジム会員欲しさの価格合戦です。

最近では24時間空いてる上に少し過剰気味ともとれるまでのサービス+低価格の月額サービスをするジムが出てきました。

しかし、低価格というものは初めはまだ良くても後から必ずボロが出るものです。

器具が整備されていない。スタッフの教育が行き届いていない。至る所に汚れがある等々です。

ジム側も優秀なトレーナーを雇いたくても安い月額のジムにそんなに人件費を充てることが出来ないので、そこそこレベルのトレーナーになってしまうものです。

ジムに限った事ではありませんが価格を安くするのは「安かろう悪かろう」になってしまうもの。

値段だけで判断してしまうと諺にある通り「安物買いの銭失い」になってしまうので、しっかり自分の目的に沿っている+価格が妥当かで判断した方が良いですね(^_^)

    nagaiushio

    You must be logged in to post a comment