何故巻き肩になるのか?~胸のトレーニングをやって気付いた事~

何故巻き肩になるのか?~胸のトレーニングをやって気付いた事~

皆さんこんにちは。うしお回復整体の永井です😄

皆さん普段は自分の腕の位置を気にする事は無いと思いますが、僕は整体師と言う職業柄色んな方の何気ない自然な姿勢での腕の位置を見る事があります。

そうすると「あ!この人、腕が前に出ていてすごい巻き肩だな」と思う訳です。

巻き肩と言うのは大胸筋が固くなると引っ張ってしまうので巻き肩になるのですが、急になる訳ではなくゆっくりゆっくりとなるので本人も巻き肩になっている事が気付いていないのです。

ゆっくりとなる訳ですから一度なってしまったら元に戻すにはそれなりの時間が掛かってしまいます。巻き肩になってしまうと、姿勢も悪くなるので肩こり・首こり・四十肩・五十肩にも繋がる訳です。

でも、大胸筋が引っ張ると言ってもピンと来ないですよね?

僕は巻き肩でないので、僕も最近までは分からなかったのですが、胸のトレーニングをしていて「ああ!こういう事か!」と気づきました。

下の写真の手の位置を見てください。1枚目が筋トレ前で2枚目が筋トレ後です。

時間にすればわずか1分前後です。胸がぎゅっと収縮した結果、手が前に出ているのが分かると思います。元の位置に戻そうと思っても自然と前側に引っ張られてしまうんですね。

ただ、この場合は急な収縮だったのでストレッチを行ったら直ぐに戻せましたが、巻き肩になっている方は家事や仕事で収縮した筋肉のケアを行わなかった結果、長い時間を掛けて巻き肩にさせてしまっていると言う事です。お風呂に入ると筋肉が弛緩してくれるのでお風呂に入った方が良いと言うのはこういう為でもあるんですね😄

    nagaiushio

    You must be logged in to post a comment