筋トレ中のフォームの重要さ

筋トレ中のフォームの重要さ

皆さんこんにちは。うしお回復整体の永井です😃

日曜日は一日お休みを頂き土曜日の午後から1日半、筋トレ研修に行ってきました!

最近、また新たに筋トレ中に身体の不調が現れまして・・・デッドリフトを行うと腰痛になったり、バーベル担ぎながらスクワットを行うと左腕の感覚が無くなってくると言った事です。

そんな不調が何故出てしまうのか、研修中に元ボディビルダーの代表に聞いてみて分かったのが、

・デッドリフトでは自分の限界を超えた重量を持ちすぎて背中が丸かってしまいフォームがぐちゃぐちゃだった
・スクワットでは、バーベルを担ぐことによる頸椎の圧迫もしくは、左腕の腋周辺の神経が圧迫かその両方とも

このような答えでした。

スクワットの方は神経の事なので予測でしかありませんが、デッドリフトは僕が痛くなってしまう重量で持ってみると明らかに背中が丸くなってしまい重量に負けていることがわかりました。

1人で行っていると、フォームが本当に出来ているのかどうか分からないのでこうした不調や怪我にも繋がってしまいます。
やはり、基礎となるフォームはプロに見てもらい型をしっかり覚える事が重要ですね!

素人考えですと、とにかく高重量を持ってトレーニングすれば筋肉がつくと思ってしまいがちですが、利かせられなければ何もなりません。たった1キロでもしっかり利かせればめちゃくちゃキツイです。

よくマッチョの人が「高重量は殆ど持たないよ」と言う方が結構いますが、しっかりフォームを正して筋肉を利かせられるから僕もその意味がようやく分かり始めました😅

~追記~

*後日、スクワットの時にバーベルを順手で持つのを逆手で持ったら左腕の感覚が無くなる事はありませんでした。腋周りの神経が圧迫されてたんですね😅

    nagaiushio

    You must be logged in to post a comment