変形性膝関節症になる原因は?

変形性膝関節症になる原因は?

皆さんこんにちは。うしお回復整体の永井です😃

今日は変形性膝関節症についてです。

皆さんも見た事があるとは思いますが変形性膝関節症とは上の画像のように膝関節が変形してしまい骨と骨がぶつかってしまい炎症を起こして痛みが出る症状です。50代以降の女性が多いですが、理由としては男性より筋力が弱い・体重の増減が多い等があげられます。

さて、そんな変形性膝関節症ですが何故変形してしまうのか?

・女の子座りをしている
・横座りをしている
・足を組んでいる
・足を変形させながら座っている(女性のスカートの時に多い座り方)

この様な事が考えられます。

筋力が弱くても変形性膝関節症になっていない方はたくさんおりますが、ならない理由としては普段から正座や真っすぐ座っているからです。至極単純ですが、楽な座り方だと言って横座りを続けていたらいつか膝は曲がってきてしまいます。

僕の院に来ている70代のおばあちゃんも変形性膝関節症で来院されて、原因は55歳頃に膝が痛くなってから横座りをするようにしていたら本人も気付かない間に膝が曲がっていってしまったそうです。

変形性膝関節症は長い時間を掛けて形成されるので戻すにもそれなりの時間は掛かります。

変形させないためにも普段の立ち方は足を肩幅に広げて真っすぐに立つ。座る時は正座。椅子の時は立つ時と同様に肩幅に広げて座る。以上を普段から心がけてみてください。女性の場合スカートであると難しいので、それ以外の時に心がけてください😄

    nagaiushio

    You must be logged in to post a comment